MENU

過払い金の返金

過払い金返金請求についてですが、以下の様なカン違いをしている方が多いですので、そういった方は過払い金返金請求についてシッカリと理解を深めて欲しいと思います。

  • 大手の業者しか返金請求が出来ないと思っている
  • 殆どの会社が返金請求に応じてくれない
  • 弁護士に支払うお金がないので無理
  • 借金を全て完済しているので自分には関係ない事だ
  • 以前借りていた所を覚えていない
  • おそらく10年経っているので無理だと思う

 

こういった間違った考えで、過払い金返金請求をしない方が結構多いようです。ぜひ最後まで読んでいただき、取りこぼしの無い様にされて欲しいです。

 

 

 

最近よく聞く『過払い金の返金請求手続き』という言葉。借金がある人はほとんどが多重債務者であることが多く、また、家族に知られたくないために借金の返済が滞ってきたら、次から次へと消費者金融系から借金をして 『借金をして、借金を返す』という多重債務者になるパターンが定番だと言われています。

 

 

過払い金が起こる原因についてはコチラのページに詳しく書いていますのでご覧ください。

 

 

私自身も、いろいろな借金の悩みを聞いてきましたが、殆どの方が過払い金の返金手続きをしてお金が戻ってきているのです。

 

 

諦めていたけど、借金が少なくなり、更に払い過ぎた利息が戻ってきた。つまり、この払い過ぎた利息こそが過払い金なんですけど、多重債務者であればあるほど過払い金が多く、長年にわたって利息を払いすぎている場合が多いのです。

 

 

それは理由がもちろんあるのですが、なぜ過払い金の返金手続きが起こるのかについて説明していきたいと思います。

 

 

サラ金、消費者金融系などから借金をしていた方、また借金を完済した方であっても、過払い金は戻ってきますので、借金を返したからといって諦めず、少しでも気になるようであれば、借金の仕組み、過払い金が戻ってくる仕組みを理解してみてください。

 

ほんとに取り戻す事が出来るの?過払い金について

 

まず過払い金とは、債務者が貸金業者に返し過ぎた利息や借金の事を言います。ほとんどの貸金業者が、出資法の上限利率すれすれの金利で借金をさせていました。

 

 

出資法などについてはこちらのページで詳しく書いていますので、参考にされてください。

 

 

これが、一般的に言われている『グレーゾーン金利』と呼ばれているもので、利息制限法と出資法という2つの法律があったゆえに起こった、いわゆる『法律の抜け穴』的な発想だったんですね。

 

出資法スレスレの利息で借金をされていた場合、それより低い金利の利息制限法で引直計算をした場合、過払い金が発生して返金してもらえる可能性もあります。自分の過払い金は返金してもらえるのか、また、そもそも自分に過払い金があるのかなど、すべてにおいてですが、いろいろと素人考えで動いたり諦めることなく、しっかりと弁護士に相談するといいと思います。(相談は無料です。)

 

また、過払い金ですが、一般的にサイトで調べると『過払い金返金予想データソフト』など、いろいろなソフトが無料であります。

 

 

しかし、一般に『過払い金』と言っても、単純なものではなく、そもそも総額だったり、過去返済したお金を忘れていたりと、自分ではかなりの見落としがあるのが普通です。

 

 

ですので、『自分のすべての過払い金の返金』を確実にしようと思った場合、取引履歴データと呼ばれるものが必要になります。

 

 

これによって

 

  • 過去自分がどれだけ、どこから借金をしたのか?
  • その際、自分がいつ借金を完済したところがあるのか?
  • 自分が借りている消費者金融などはどういった利息で貸していたのか?
  • 過払い金の返金手続きが可能な貸金業者は何件あるのか?

 

 

というものがすべてわかり、自分の借金、更にはどれだけ過払い金があったのか、また、過払い金がドレだけ返金されるのかというのが分かる様になるのです。

 

過払い金返金請求の時効について

 

過払い金の返金請求は、いつでも出来るわけではなく、完済してから10年になっています。

 

 

今現在、進行形で借金を返済している場合、弁護士に相談して債務整理をすることで、直ちに借金の利息の引き直し計算が行われますので、その際にも払い過ぎた借金、払い過ぎた利息が分かります。

 

 

完済して10年未満の借金があるのであれば、直ちに弁護士に無料相談をして、状況を診てもらうといいです。思わぬ返金があることも多く、過払い金自体の存在を知らない人もいるくらいです。

 

 

 

過払い金の返金請求をした際、他のローンはどうなる?今後の借金は出来ない?

 

過払い金返金請求の時効が10年と知った所で、今現在ローンを組んでいるとか、何らかのローンを組む予定の方であれば

 

  • 『もしかしたら過払い金で返金してもらえるかもしれないが、ローンの一括返金を要求されるかも、、、』
  • 『近いうちに融資を申し入れる事が決まっているのだが、過払い金返金請求をしたら、ローン自体を申し込み出来ないかもしれない。。』

 

 

と思っているかもしれません。つまり、ギリギリ10年位であれば完済していれば信頼もされ、新しい借金も出来る状態になっていると思うのですが、過去の完済分の過払い金返金請求のおかげですべてがダメになるかも、、、と不安な場合もあるかもしれませんね。

 

 

過払い金請求の場合、裁判所の認定によって決まるものですので、個人情報信用機関に登録されないとなっています。

 

 

とはいっても、過払い金の返金請求をした事を、個人情報信用機関に掲載しない様になったのは最近で、以前は過払い金請求をした場合は登録されていたケース。

 

 

つまり、借入先のさじ加減で登録される事もあるのですが、この場合法的には個人情報信用機関に載せないと決めているわけですので、名誉毀損になります

 

 

借金、債務整理専門の弁護士であれば、こういった事は知っているのですが、普通の弁護士の場合貸金業者のなすがママになる場合があるので、しっかりと個人情報信用機関に登録させないようにしないとダメです。

 

 

ですので、やはり債務整理に長けている弁護士に過払い金返金請求を頼むのがベストな選択になるわけですね。

 

 

2016年において、未だに個人情報信用機関に登録する所もあるようですので、やはり信頼できる借金専門の弁護士、司法書士がベストです。

 

過払い金の一連取引と分断について

 

過払い金の返金請求において問題になる契約の分断というものがあります。例えば、同じ貸金業者で借金を複数回している場合、分断した独立取り引きなのか、それとも継続している一連の取り引きなのかという所で、過払い金の返金の請求額が変わってくるというものです。

 

 

多重債務者などに多いパターンとして、『A社で借金をして、その借金を完済した。更に数年後、そのA社では信頼がある状態なので、限度額を上げて借金できる状態になった』という感じで、同じ消費者金融系で借金をする事があると思います。

 

 

この場合、

  • 分断・・・複数の取り引きをバラバラに計算する
  • 一連計算・・1つの取り引きとして計算する

 

やり方で、過払い金の返金金額が変わってくる場合があります。

 

分断と一連計算、どちらがトクなの??

 

貸金業者は、過払い金の返金手続きをしたくない為に、こういった分断、一連計算などを争ってきます。

 

 

私たちにとっては『一連計算をしたほうが、過払い請求の返金金額が多くなるし、一連計算が認められた場合、完済から10年以上経過している取り引きでも過払い請求が出来る。』という理由から、一連計算の方が有利でありトクになるのです。

 

 

当然ですが、一人で書類を揃えて過払い請求返金請求をする事も可能ですが、この分断、一連計算などの焦点になると、素人では絶対に無理です。

 

 

弁護士側は一連計算を主張、貸金業者側は分断取り引きを主張してきますので、両者の争いが起こります。

 

 

過払い返金請求は、今多くのCMがあり、誰でも出来ると思っている方が多いようですが、実は貸金業者側からしたら、かなりのマイナスになるため、自分たちも弁護士をたて、過払い請求をしている側と徹底的に争ってきます。

 

 

この過払い返金請求の『一連取り引き』『分断取り引き』の問題が過払い請求訴訟で最もメジャーな焦点なのです。

 

一連計算になると過払い返金請求の金額が増える(債務者有利)

 

 

一連計算ににすると

 

  • 計算上の過払い金の返金額が増える
  • 消滅時効の起算点を考える部分が変わる

 

事が起こります

 

一番目の過払い金の返金額が増えるというのは、

 

  • 5年前にA社で10万を借りて完済
  • 3年前にA社で29万を借りて完済
  • 2年前にA社に3万円借りて完済
  • 現在A社に50万円を借りて返済中

 

というふうになった場合、分断取り引きにした場合、5年前の借金や完済した借金に関しては別個と見られるという事。

 

 

つまり、一連というのは『同じ人が、同じ会社で借りた金額』という意味であり、取り引きを独立せずに借りているという事ですね。

 

 

サラ金で借金をした場合、完済したら『信用が産まれるので、融資額が増える』のが普通です。それを利用して同じ会社でお金を借りるという意味ですね。

 

 

一連取り引きであれば、5年前の完済した借金も全て利息引き直しをして過払い金の返金額を決める為に、借金をした側は多くの過払い金の返金が起こります。

 

 

この計算方法は、一つ目の取り引きで発生した過払い金を、2回目の取り引きの借り入れに充填することが出来ます。(過払い金の充当合意)

 

充当合意があるからこそ、過払い金返金額が計算上多くなります。この部分は私たちが知る必要はないので、【一連取り引きの方が過払い金返金額が多くなる】とだけ覚えておき、弁護士に任せて交渉してもらいましょう。

 

一連計算の場合『消滅時効』の問題もクリア出来る

 

 

先ほどの例であれば

 

  • 5年前にA社で10万を借りて完済
  • 3年前にA社で29万を借りて完済
  • 2年前にA社に3万円借りて完済
  • 現在A社に50万円を借りて返済中

 

この一番最初(5年前)が例えば12年前だとします。

 

 

そうすると、過払い金の請求は完済から10年以内しか出来ないので、この一番最初の取り引きで仮に過払い金があるとしても、分断取り引きと判断されたら、返金請求は出来ないという事です。

 

 

一連取り引きの場合『現在A社に50万円を借りて返済中』な訳ですから、最初が12年前だとしても消滅時効が進行していない為、全ての取り引きで発生した過払い金全てが返金の対象になるのです。

 

一連取り引きなのか分断取り引きなのかの判断基準

 

これは一番の過払い金訴訟の焦点ですし、判例も十人十色の為、一概に分からないのが現状です。

 

 

言えることは『請求側(債務者)は有利な一連計算を望み、貸金業者側は出来るだけ分断取り引きを望んでいる』という事です。

 

  • 取り引き間(1回目と2回目)の空白が長いか短いか?
  • 契約書の返還をされているかどうか
  • 空白期間の貸主、借り主の接触期間など
  • 各取り引きの契約の内容の差異(更新契約的な内容などうか)
  • カードの失効手続きの案内がなく新規借入が出来る状態だったか?

 

こういった部分で一連取り引きとみるか、分断取り引きと見るかが変わってきますので、自分で判断せず、専門家にしっかりと相談する方が確実です。

 

 

当然ですが、債務整理をしているわけですので、自分たちに有利な『一連取り引き』で交渉してくれるので、まずはしっかりと相談されてみるといいと思います。

 

 

全ての過払い金返金請求が戻ってくるのか?

 

過払い金の返金請求ですが、確率的に言えば戻ってくる可能性はそれぞれ違いますので、決めつけずにまずはしっかりと弁護士に相談(無料)される事をオススメします。

 

 

上記の通り、一連取り引きなのか、分断取り引きなのかによって焦点も変わってきますし、どういった経緯で借金をしているのか、今の取り引き状態などによってもかなりの変化があるようです。

 

 

過払い金返金請求を行った場合の弁護士に対する報酬についても、『成功報酬型』を取っている弁護士が多いです。

 

 

つまり、過払い金返金請求が成功した場合、過払い金返金額に応じて、弁護士に対する報酬が決まるという事ですね。

 

 

ですので、相談だけでも無料ですので諦めずに相談されることをオススメします。

 

 

色々なサイトでも『返還に応じてくれるのは一部の大手(ア◯ム、プロ◯ス、アイフ◯など)だけ』などと書いている所もありますが、弁護士、案件、借金の状況によって変わります。

 

 

ですので、そういった情報を集める分は構いませんが自分の借金のパターンで結果が変わるという事は知っておく必要があります。人がOKってだから自分がOKとか、一般的にNGだから、自分のNGに違いないとかそういった思い込みはダメです。

 

過払い金返金請求語はローンは組める?

 

これもケースイバイケースです。

 

 

過払い金請求をした金融機関へローンを申し込んだ場合、ほぼ無理です。『過払い金請求をした上に、自分の所で再度ローンを組むなんて、、』と感じるのが心情ですし、当たり前に管理しているのでほぼ通らない事が多いです。

 

 

例えばですが

 

  • 三井住友銀行カードローン・・・プロミス
  • 三菱東京UFJ銀行、セブン銀行カードローン・・アコム

 

など、同系列での借り入れは出来ないということです。

 

着手金無料、過払い金返金請求に応じた成功報酬型

 

多くの弁護士がこういった感じで料金を取っている場合があります。

 

 

これは、『利用履歴を自分で取る事』を前提にしています。しかし、貸金業者の中には、個人で利用履歴を請求した場合応じない所もあります。

 

 

街角相談などで弁護士を相談する場合、こういったケースで報酬を提示された場合、利用履歴が取れないと着手金無料にならないケースも考えられるため、まずそういった事も初めに相談して下さい。

 

過払い金などはコチラにキーワードについて詳しく書いています。

 

利用履歴の取り方など、詳しく教えてくれます。

 

過払い金請求をした際のデメリット

 

過払い金返金請求ですが、やってみない限り過払い金返金請求が出来るかどうか分からないという部分があります。

 

 

しかし、弁護士に払う報酬は、『過払い金の返金額で賄うことが出来る』為、リスクやデメリットではないです。

 

 

上に書いているように、過払い金返金請求をした業者と今後取り引きが出来なくなるので、そこがデメリットとなりますが、お金が戻ってくる事、また、その同じ所で再度取り引きをする必要も無いですのでデメリットと呼ぶにはどうなのかと思います。

 

誤報に騙されない事が大事

 

  • 大手しか過払い金返金請求しても返金されない
  • 小さい貸金業者から借りていたので過払い金返金請求は無理
  • 弁護士に払うお金がない(着手金無料や成功報酬が多い)のでダメだ、、
  • 10年以上前だから、、、(一連計算の場合、可能性がある)
  • 完済した所を覚えていない、、

 

 

こういった情報を知れば知るほど『自分には関係ない、、』『自分には無理だ。。』と思っているかもしれませんが、個人に応じて全く変わるのが過払い金返金請求の特徴です。

 

 

相談も無料で出来ますし、最適な弁護士も選んでくれますし、弁護士に払う報酬も、過払い金返金請求額に応じて成功報酬型の所もあります。

 

 

まず、自分の借金を把握してない方が多いと思いますので、そういった所から始める事が大事です。

 

 

相談を無料で出来ますので、まずしっかりと問い合わせをしてみて自分が過払い金返金請求が出来るかどうか』を知ることから始めてみてください。

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

本当にリスクなし?過払い金請求の返金手続きについて詳しく説明関連ページ

過払い金請求はいつまで請求出来る?過払い金の請求期間を知りましょう。
借金の過払い金請求はいつまで請求出来るのか?これを知っておくといいです。
特定調停で和解した後でも過払い金請求は出来ますか?
特定調停が終わり相手と和解した後でも過払い金請求が出来るのか?という疑問です。
家族に内緒で過払い金請求は出来るのか?|債務整理の疑問
家族に内緒で借金をしている人も多いと思いますが、過払い金請求というhのは家族に内緒で出来るのか?
借金を返済中に過払い金請求をするとブラックリストに載るのか?
借金を返済中に別の消費者金融などの過払い金請求をするとブラックリストに載るのか
借金を完済した業者でも過払い金は請求出来る|債務整理について
借金を完済した業者もいる可能性がありますが、債務整理の際にはそういった完済した業者も代理人に伝えてください。
クレジットカードで過払い金は発生するのか?過払い金について
クレジットカードで過払い金請求は出来るのか?色々なパターンがあるのですが、例外なども含めて説明します。
生活が苦しくて借金を数年放置してても過払い金請求は出来る?
借金を遅延している場合でも過払い金の請求は出来るのか?
過払い金請求をするとブラックリストに載るの?素朴な疑問について
過払い金請求というのがあるのを知っている人は多いと思いますが、請求をするとブラックリスト入りするのでしょうか?そういった部分について説明していきたいと思います。
過払い金は裁判所を通さないと請求できないのか?
過払い金請求は裁判所を通さないと請求できないのか?そういう疑問にお応えします。
過払い金請求は借入時の姓や住所が変わってても出来ますか?
過払い金請求についての疑問や質問です。性や住所が変わった際、過払い金請求は、、、
利息制限法で計算しなおしたら返済済み!過払い金は取り戻せる?
借金をしていて、法改正以前の利息の場合、すでに借金を返済していることになっている。。過払い金ってどうする?
過払い金請求は契約書がないと出来ないのか?|債務整理の疑問
過払い金請求は契約書を残していないと出来ないのかという疑問について
過払い金が発生する理由とグレーゾーン金利|借金の悩みの無料相談
借金を返済する際、過払い金の払い戻しがある可能性があります。この過払い金とグレーゾーン金利について解説します。
利息の引き直し計算とは?過払い金が発生する理由
利息の引き直し計算というものがあります。どういっった風にするのでしょうか。また、どういった意味があるのでしょうか。