任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます

交渉する相手を決めることが出来る任意整理

ご訪問ありがとうございます。元司法書士を目指し5年程頑張っていた吉田です。債務整理経験者でもあります^^;詳しいプロフィールはコチラ

 

 

 

個人再生、自己破産という債務整理を選択した場合、全ての債権者に対して通知や交渉を行う必要がありますが、任意整理の場合は債権者を債務者が選ぶ事が出来ます。

 

借金・債務整理の基礎知識


債権者・・・サラ金や信販会社などのお金を貸した側
債務者・・・お金を借りた側

 

 

つまり、任意整理の場合交渉の相手を自分で選ぶことが出来るという事になります。自分で選ぶというと1人で判断すると勘違いするかもしれませんが、これは弁護士や司法書士の代理人が債務者(借金をした人)にベストな方法を提示してくれます。

 

 

任意整理で債権者を選ぶ実例

 

分かりやすく説明すると例えばですが

 

  • サラ金や信販会社の借金・・・100万円
  • 会社に借金・・・・50万円
  • 友人や親族に借金・・・150万円

 

上記の様な感じで借金があるとします。

 

 

この場合、借金を返済すると決めたとします。

 

自己破産で免責が認められた場合は、上記の借金を全て支払う必要がなくなります。また、個人再生の場合も任意整理に比べると8割とか9割とかの減額が期待できます。

 

 

この場合、

 

  • 自己破産と個人再生・・債権者が選べないので総額300万円が対象
  • 任意整理・・・サラ金のみ100万円を債務整理の対象

 

となります。これが債権者を選ぶことが出来るという意味になります。

 

 

借金の返済をするためには収入を確保しておかないといけません。個人再生や自己破産で会社の借金50万円の支払い義務が無くなったとしても、会社に不利益を与えた場合は解雇の対象となると決められていた場合は、個人再生や自己破産で50万円の支払い義務が無くなったり、減額が出来たとしてもクビにされる可能性も高いでしょう。

 

 

また、友人や知人からの借金についても、信用問題にも発展しかねませんので支払い義務が無くなったといって素直に喜ぶことも出来ないでしょう。

 

 

この様な事を考えた場合、任意整理を選択すれば、会社や友人などの借金は債務整理の対象から外す事が出来る為、高利のサラ金などの借金についてのみ債務整理をすることが出来るのです。

 

 

また、過払い金返還請求権がある場合は会社や友人にも借金が返せるくらいの過払い金が戻ってくる可能性もあります。

 

 

サラ金や消費者金融は全て債務整理の対象にする

 

過払い金なども考えた時、サラ金、消費者金融、信販会社などは全て債務整理の対象にしましょう。

 

 

過払い金請求なども視野に入れることが出来ます。自分で考えずにしっかりと代理人にその旨を伝えて最善の方法で債務整理を行ってみてください。

 

 

 

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます関連ページ

任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い
任意整理は借り入れ期間が短い場合、やっても意味がないという事を聞きますが本当の所はどうでしょうか?
任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する
任意整理後はローンが約5年間組むことが出来ません。しっかりと予測して、返済計画を立てていきましょう。
任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識
任意整理は将来利息のカットも出来るため、大幅に借金の返済額が減ります。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。
任意整理についてと減額の実例など
債務整理の中でも任意整理について説明します。
任意整理の費用について|弁護士への支払い金額の相場と返済方法
任意整理で実際にかかる費用について説明しています
任意整理のメリットやデメリットについて|債務整理の基本
任意整理についてのメリットやデメリットについて書いていきます。
任意整理手続きと具体的な流れ|任意整理となった時の一連の流れ
任意整理を行った際の一連の流れについて説明しています。
任意整理から信頼回復までの流れや期間について
任意整理になったあと、どういった流れで信用回復になっていくのでしょうか?
任意整理後にクレジットカードを作るには?作れるのはいつから?
任意整理をしたあと、クレジットカードを作ることが出来る脳でしょうか?
家族や会社に内緒に債務整理なら任意整理になる理由
内緒に会社で借金を返済する場合は任意整理が一番。
任意整理をしたあと、もし支払いが出来なくなった場合
任意整理をして借金を返済しようとした場合、その後返済ができなくなる事もあるかもしれません。その場合、どういった感じになるのでしょうか?
任意整理が絶対出来るとは限らない|色々なケースで任意整理が失敗する
任意整理は裁判所を通さない債務整理ですが、全ての状態において成功するワケではない。失敗する原因について。
任意整理の金額を一括返済|分割から一括返済するメリットとは?
任意整理は分割決済が基本ですが、一括返済が出来る場合、一括返済をするとメリットがあるのか?
任意整理は誰でも出来る?任意整理の注意点や諸注意について
任意整理をするにあたって注意点等を説明します。債務整理の中で任意整理を選んだ際の注意点。
任意整理後の家賃、賃貸契約は出来るのか?ブラックリストでも大丈夫?
任意整理をしたあと、賃貸契約をする事は出来るのでしょうか?家賃が安い所に引っ越す場合等可能なのでしょうか?
任意整理を選択したいけど出来ない理由|どういった原因が任意整理を妨げる?
任意整理をしたいけど出来ない、、、という方はどういった部分が妨げる原因になっているのか?
任意整理をした後に借り入れは出来る?注意点等
任意整理を選択した後、借り入れが出来るのか?わからない方も多いかもしれません。出来るのでしょうか?
リボ払いで支払いしてたモノを任意整理で解決出来る?仕組みについて。
リボ払いで支払いをしていた場合、任意整理になったらどうするのでしょうか?それでも返済出来る仕組みについて。
ギャンブルで出来た借金も任意整理が出来るのか?任意整理では借金の理由は問われる?
ギャンブルで出来た借金は、任意整理の対象として認められるのでしょうか?
任意整理が出来るか?は「借金の総額」と「支払い能力」の有無
任意整理が出来るかどうかという部分は、借金の総額や支払い能力の有無によります。
任意整理と個人再生の判断のポイントについて|ドコを決め手にする?
債務整理の際に、個人再生、任意整理、悩む事があるかもしれませんが、どういった所で判断するのでしょうか?
任意整理はいくらの費用がかかる?また、任意整理の期間について
任意整理はどれ位のお金がかかるのか?また、任意整理の期間はどれ位なのか?