MENU

借り入れ期間が短い場合、任意整理は意味が無い??

任意整理の場合、下手に知識がある方は『借入期間が短いと意味が無い』というふうに考えるかもしれません。理由としては長期間利息を払っている場合、多額の過払い金が返ってくるが、自分は取引期間が短いのでメリットがない、、、と思われるからです。

 

任意整理 借り入れ

 

 

利息を払いすぎている方が殆どだと思うのですが、基本的に利息をグレーゾーンで支払っている方は、過払い金返還請求が出来、下手したら借金がゼロになるどころかお金を貰える可能性があるというメリットがあります。

 

>>過払い請求に関する記事一覧|過払い請求について知りたい事

 

借金の減額が期待でき、大幅に返済額が減るというメリットがあるのが任意整理と思っている方はこういった考えを持たれていると思います。

 

 

逆に、過払い金返還請求が出来ないと自分で判断すると『弁護士費用が大きくなり、払えない、、過払い金で支払うつもりなのに、、、』と思われるはずです。

 

 

では、グレーゾーンが無くなった今や、借入期間が短い、消費者金融での取引期間が短い方は債務整理で任意整理を選択してもメリットがなく、弁護士費用の方が高くなり結局損になるのでしょうか?

 

 

答えは『ノー』です。素人がwebの知識だけで判断して『まだ借入期間が短いから任意整理なんてしても結局弁護士費用だけ払うだけだよな、、』なんて考えないようにしないといけません。

 

 

借金問題に長けた弁護士さんが、個人に合わせた借金返済のための債務整理をしてくれるので、自分で自分の借金を早合点しないで相談してシュミレーションしてもらうのが一番です。

 

 

まず、第一に借金というのは個別で全く違います。同じ100万円の借金をしていても、それぞれ環境も違うし、全てが違うのです。web上での経験談などを参考にして『あ〜、自分と一緒だ!!ということは任意整理をしても意味がないんだな、、』などと考えても、それはあくまでもその人に最適な債務整理だっただけです。

 

 

あなたになれば、別の解決方法や借金の返済方法がある可能性が高いのです。

 

任意整理の別のメリットについて

 

債務整理の中の任意整理を選択することで過払い金返還請求が出来る為に、借入期間が長ければ長いほど有利であり、反対に借入期間が短いほど意味が無いと思われている方が多いですが、実は任意整理には別のメリットも存在します。

 

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所を利用せずに、借りた業者(貸金業者)と和解することで、借金の減額、返済条件の軽減を行う方法です。


弁護士に手続きをしてもらい借金の軽減をします。完済のメドが立つどころか、過払い金が戻る事もあります。全て弁護士が代行して交渉を行ってくれます

 

それが将来利息をカットするという事です。『今までの利息で返済するのではなく、引直計算をした利息で返済をする』為に、これだけでも借金の総額が減るのです。

 

 

今まで利息だけを払っていて、元金が全く減っていないという返済方法ではなく、ちゃんと元金が減る利息に計算して、しっかりと元金を減らしていくのが任意整理のメリットなのです。

 

 

これだけでも月々の返済が楽になりますので、任意整理をする意味があります。

 

 

そもそも今、自分の本当に返すべき借金の金額を理解されていない方が殆どだと思います。

 

 

まず、自分の本当の借金がいくらなのかを知り、そして返済額がどれ位なのかなど理解するといいでしょう。

 

 

当然ですが、全て無料で相談できます。

 

  • 任意整理で過払い金を当てにして債務整理したいが、、
  • 現状、過払い金が出ない場合、弁護士費用が払えない、、、
  • 一体債務整理がいくらなのか分からない、、、
  • そもそも過払い金が出ないと思うが間違いないか?

 

 

つまり、こういったことさえも相談できるという事です。

 

任意整理の実例について

 

色々と不幸が重なり、また、出費なども重なって、一気に借金が出来た方もいます。そういった方は当然ですがパートナーなどにも相談できません。

 

 

当然、計画性のある借金ではありませんでしたので、スグに返済ができなくなりパンク。債務整理をしたいと思ってたけど、、、でも、借入期間が短い、あっという間に借金がふくらんだために過払い金が出ないので意味がない、、と躊躇していたそうです。

 

 

しかし、実はそれが早とちりであり、先ほど言ったメリットなどを考慮されていない方が多いのです。

 

 

借金が300万円ある方で、相談された方がいらっしゃいました。借入期間が短いので借金の債務整理をしたいと思っていたのですが、弁護士費用が払えない。過払い金が出ないので、、という風にご自分で調べてそういった結果にしていたそうです。

 

 

つまり、現状をなんとかしたいと思っていたのですが、弁護士費用が過払い金が無いために払えない。だから自己破産しかないと思われていたのですね。しかし、将来利息について知らなかった為、弁護士に相談してみて自分の借金を返すシュミレーションが出来たと言います。

 

 

任意整理をすることで将来利息をカット出来るという事を教えてもらい、今後の返済についての金額の減りをシュミレーションしてもらったのですね。

 

 

消費者金融で借金をされている方は、一番苦しい所は金利が高額なので、払っても元金が全く減らないという事です。ですので、そういった部分をシュミレーションしてもらい、自分がどれだけ無駄な金利を払っていたのかを知ることが出来たのです。

 

 

今後、これから支払う借金の利息をなくして、殆どの支払い金額を元金返済に充てることが出来るのであれば、金額的負担も減りますし精神的にも請求が来ないという部分ではかなりいいと思います。

 

 

つまり、相談することで弁護士費用を差し引いても断然お得という事が分かったのです。また、弁護士費用は今持っていないでもある程度柔軟に対応してくれます。

 

 

もともとお金がない人が殆どですので、弁護士さんも借金問題専門の方はある程度の理解がありますし、そういった料金体系、報酬形式を取っています。

 

 

そういった部分についても相談できるのはウレシイところです^^

 

将来利息が無くなると数十万円のプラスになる

 

相談された方ですが、無料相談後、債務整理を選択して任意整理を勧められました。結局その方は今まで15%以上の利息を支払っていましたが、利息だけでも同じ毎月の返済金では数十万円支払っていたことになるので、引直計算などを通し、また、将来利息をカットすることで大幅にその分を減らし元金返済へ充てることが出来たのです。

 

 

任意整理は『借入期間が長い場合、過払い金が返ってくるのでやったほうがいい、しかし、借入期間が短い場合は過払い金が出ないので、弁護士費用だけが高くつくので意味が無い』と思われている方が多いです。

 

 

しかし、ここで説明した様に返済総額自体を将来利息をカットすることで減らす事が出来る為に、結果的には過払い金がでなくてもヤル意味があります。

 

 

自分で決めつけるのではなく、まず弁護士さんなどに無料相談をされてみることをオススメします。

 

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い関連ページ

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます
任意整理では交渉する相手を選ぶことが出来ますので、色々な方法で借金の返済方法を考えることが出来ます。
任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する
任意整理後はローンが約5年間組むことが出来ません。しっかりと予測して、返済計画を立てていきましょう。
任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識
任意整理は将来利息のカットも出来るため、大幅に借金の返済額が減ります。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。