MENU

クルマのローンが組めない

吉田です。こんにちわ。

 

 

 

任意整理をする場合、ローンが通らない様になります。クルマを持っている場合、任意整理をしたら、それから5年間はブラックリストに載るためにローンが組めなくなります。

 

 

 

通常車検の場合、10万〜20万円するのですが、それを現金で払うのはかなりの負担になります。債務整理をした場合、車検代が現金で残っていないのであれば、以後の車検代をローンで払う必要があるのですが、それすらも出来ない場合、無車検の状態でクルマを乗ることになり、事故などが起こった際危険です。

 

 

 

車検ローンなどを使われる場合、任意整理をしたあと5年間はブラックリストに載るために車検のローンが通らないのです。借金をどれ位減らすという部分も意識しておく必要がありますが、なによりも車検についても、ある程度時期がわかると思うので、しっかりと認識して準備をして取り組む様にしてください。

 

 

 

任意整理が自分にあっているか、あってないか、それは自分で決めるのではなく、法律の専門家が決めることです。しっかりと相談して、今後の返済プランも含め、一緒に色々と検討する様にしていきましょう。

 

任意整理と自動車の関係

 

どうしても任意整理をしたくない理由として

 

  • 家を手放したくない
  • クルマを手放したくない

 

 

という様なものがあります。実際に、そういった感じでローンが残っている場合借金のカタに取られるのでは、、という風に思っている方は多いです。マイカーやマイホームは手放したくないという風に思うのは普通の考えです。

 

 

 

例えば、自己破産を選択した場合(もちろん、この選択は素人で出来るものではありません。最適な債務整理は、弁護士などの専門家に相談して、アナタにベストの選択をしてもらう方法です。)、自動車ローンなどのクルマに関する支払いが残っていない場合でも、20万以上の財産であれば放棄しないといけないという決まりがあります。

 

 

 

個人再生も同様で、ローンが残っている場合は手放す必要があります。個人再生の場合、ローンが完済している場合であれば、債務整理によって、借金の元金を利息引き直し等で減額した残債金額よりも、クルマを現金にする査定額が低い場合に限り手元に残すことが出来ます。

 

 

 

任意整理であれば、クルマのローン、自宅のローン、など、特定のローンは払いつつ借金の減額額を返済していく事が出来ます。

 

 

 

ですので、自分でローンがある様な場合は、弁護士などに相談する際には手放したくないなどの意向を伝える様にしましょう。

 

 

任意整理と車検ローンについて

 

任意整理でクルマを残すことが出来るという事はわかったと思います。しかし、そのあと、スグに車検が来る場合、支払いが出来ないという場合もあると思います。

 

 

 

ですので、任意整理をする際、車検のローンなどのことをしっかりと考えておく必要もあります。現金で払えればいいですが、車検を通さないと30日免停+6ヶ月の懲役or30万円以下の罰金が課せられますし、何よりも無車検で人を怪我させる様な事故を起こせば、それこそ借金で人生が終わる前に生活すら出来ない状態になりますので。

 

 

 

任意整理をしたあと、信用情報機関に事故情報が5年登録される為に、ローン等が全く組めなくなりますので要注意です。

 

任意整理についての返済計画もしっかりと弁護士に相談

 

任意整理はローンを残したり、別のローンは払って、コッチの方は任意整理の対象にして、、、と言う風に出来るのが特徴です。借金があるが、収入もあるために、整理をして減額をしてもらい、利息引き直し等で本当に払うべき借金を調べて貰って、実際に返済計画を立てていきます。

 

 

上記のように、web無料相談で債務整理を行い、減額した金額を今の収入で払うことが出来るようになった方もたくさんいます。

 

 

 

しかし、任意整理は借り主と貸し主の話し合いで返済計画を立て直す方法です。ですので、債権放棄、利息減免に対して相手側が納得するかどうかが、任意整理が成立するキモになります。

 

 

 

コチラとしては任意整理をして欲しいと思っていても、相手が反対する可能性もあるということです。

 

 

 

当然ですが、経費を浮かせようとして自分で債権者へ任意整理を申し出ても、個人の交渉などは一切受け付けないのが一般的です。

 

 

 

そもそも、『自分のパターンは任意整理に違いない!』とか『自己破産しか方法がない、、、』とか、自分で判断する事が間違いですし、借金には複雑な要素が入り混じっているため、個人によって債務整理の方法が違います。

 

 

 

そして、自分が返済しないとダメだと思っていた借金の金額自体、借金の引き直し計算や、法外の利息の払い過ぎ(過払い金)によって変わる(減額する)事も普通にあるのです。

 

 

ですので、まずしっかりと自分の借金の減額率を把握して、どういう風にして借金に取り組むべきかを理解する必要があります。

 

 

 

【吉田よりアドバイス】

 

任意整理は今ある借金の整理です。任意整理をしたあと、思わぬ出費があるということもあります。

 

弁護士などと相談して、今後の支払いに対しても失敗しないように進めていきましょう。


 

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する関連ページ

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます
任意整理では交渉する相手を選ぶことが出来ますので、色々な方法で借金の返済方法を考えることが出来ます。
任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い
任意整理は借り入れ期間が短い場合、やっても意味がないという事を聞きますが本当の所はどうでしょうか?
任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識
任意整理は将来利息のカットも出来るため、大幅に借金の返済額が減ります。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。