MENU

任意整理が借金の減額に適している理由

こんにちわ、吉田です。

 

 

任意整理で借金の減額がどれ位可能なのか?これは借金の状態、借りている所、年数など、細かな部分で変わってきますので、一概に判断が出来ないのですが、気になる所ではあるでしょう。

 

 

 

借金の返済が出来ないのであれば債務整理をオススメしますが、任意整理は債務整理のうちの選択の1つとなります。借金の元金を計算して、減額が出来る分を割り出し、そして計画的に返済し直す方法となります。

 

 

 

しかし、借金の減額が出来ない場合、弁護士費用だけがかかり、借金の月々の返済もしないといけなくなるため、赤字で終了するケースもあります。もちろん、借金の返済額を理解するという部分では、債務整理をして任意整理すれば、それだけ負担が減るのですが、自分で勝手に任意整理を選択したり、慣れていない弁護士に債務整理などをお願いするのは危険です。

 

 

 

そんな失敗をしないようにするためにも、web無料相談などを上手に使いながら、正式に弁護士に依頼する前に、一度どれだけ自分の借金が減額出来るかという所を詳しく聞いてみる様にしましょう。

 

 

任意整理で借金が減額されないケースはあるのか?

 

 

債務整理と一言で言っても、色々な債務整理が存在します。

 

 

任意整理はその中の1つなのですが、債務整理を依頼すると、弁護士や司法書士は、貸金業者から『取引履歴』を取り寄せて、利息制限法にもとづいて引き直し計算というモノを行います。

 

 

 

この際、引き直し計算をすることで、払いすぎた利息などを元金に当て、過払い金請求だったり、借金の減額だったりと『本当に返すべき借金の総額』を知ることが出来ます。

 

 

 

こういったケースになれば、弁護士や司法書士は債権者に対して借金の減額交渉を行います。

 

 

 

利息制限法を超えるグレーゾーン金利が廃止されたことを受け、それ以前から借りていた方は、借金が大幅に減額されたり、あるいは現金として戻ってくる可能性があるのです。

 

 

 

借金の金額が数百万あり、『自分の給料では返済不能、、、』と思っていた場合でも、借入期間が長い場合であれば借金がチャラ、もしくは現金が戻ってくるケースもあります。

 

 

しかし、グレーゾーン金利が廃止された後の借金の場合、原則としては、借金の元金が任意整理をすることで減額されることはありません。当然ですが、債権者自体が、以前から利息制限法を守っている所、債務者自体がショッピング枠などを使い込んでいる場合など、こういったケースも借金は減額されません。

 

任意整理が利息制限法関係なく借金の総額が減額される理由

 

つまり、借入期間が短かったり、相手が利息制限法を守っている場合、任意整理で借金が減額されることがないのですが、だからといって任意整理をする意味がないというのは間違いです。

 

 

 

任意整理をすることで、借金の減額が出来る理由は、こういった利息の払い過ぎ以外にもあるのです。

 

 

 

それは『将来利息のカット』が出来るという部分です。

 

 

 

本来であれば、借金の返済をするため、消費者金融などの高い利息を払い続ける必要があるのですが、金利がゼロになるという事です。

 

 

 

当サイトでオススメしているweb無料相談は、無料で匿名で相談できるので、そのシュミレーションを使ってみれば、自分がどれだけ減額出来るのかを知ることが出来るのですが、web無料相談をしてみて借金の減額が出来たというケースも沢山ありますので、借金の減額がどれだけ出来るのかを知りたい方は利用してみるといいと思います。

 

 

任意整理では一括返済も選択出来る。その際、更に減額出来る。

 

任意整理の和解として『原則で3〜5年で返済』という条件があります。しかし、一括返済をする事で、さらに減額してもらうというケースもあります。

 

 

 

一般的にはタブーですが、交渉によっては一括返済が出来る場合もあります。一括で借金を返済できる方の場合、こういった選択をして借金の減額をするという事も出来ます。

 

 

 

貸した側からしたら、減額は損ですが、自己破産を選択されたらお金が戻ってきません。しかし、減額されたとはいえ、借金が返ってくるので、そのお金を新しい人に貸すことが出来ます。

 

 

【吉田よりアドバイス】

 

自分で色々と考えて、任意整理が出来る、とか、利息が減らないから費用だけがかかる、とか思わないことです。弁護士や司法書士などの専門家に任せましょう。

 

 

状況などによっては全く結果が変わりますので、個人個人で返済方法も変わります。事前に法律の専門家の意見を聞き、シュミレーションをして、しっかりと自分に合った返済プランを計画していきましょう。


【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識関連ページ

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます
任意整理では交渉する相手を選ぶことが出来ますので、色々な方法で借金の返済方法を考えることが出来ます。
任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い
任意整理は借り入れ期間が短い場合、やっても意味がないという事を聞きますが本当の所はどうでしょうか?
任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する
任意整理後はローンが約5年間組むことが出来ません。しっかりと予測して、返済計画を立てていきましょう。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。