MENU

勝手に保証人にされていた

 
ご訪問ありがとうございます。元司法書士を目指し5年程頑張っていた吉田です。債務整理経験者でもあります^^;詳しいプロフィールはコチラ

 

 

マチ金業者から知人の借金についての支払いの取り立てが突然ありました。わたしは全く記憶に無いのですが、勝手に保証人にされていました。

 

 

しかし、マチ金の連帯保証人の欄にはわたしの名前が、、これは法律上有効なのでしょうか

 

 

保証人にされた人は借金を払う必要はありません

 

保証は保証契約という独立した契約となっています。しかもこの場合、本人に身に覚えがない所でサインをされていますので、当然支払う必要はありません。


 

ニセの保証人契約は意味がない

 

本人が知らない間に保証人になってしまったというケースは多くあります。子供が親の名前を勝手に使ったとか、妻がお金を借りるときに旦那の名前を使い保証人にしたりというケースが多いです。

 

 

 

保証人の名前に勝手に書かれている場合、どういった対応になるのか?

 

 

 

本人の了承もナシに保証人になっている場合は、その契約自体が無効となり支払う義務はありません。

 

 

 

後から保証人になることを承諾する事も出来ます。その際は契約当初から責任が出てきます。債務者と夫婦の場合、日常家事債務については連帯保証人でない場合でも責任義務が生じます。

 

 

 

当然ですが、貸主が保証人になる意向の無い人に返済を請求するのは違法ですので、消費者センターや弁護士に相談して対応して下さい。

 

実印を勝手に使われて借金の保証人になっていた場合

 

実印、認印どちらでも関係なく、不正に保証人にされている場合(本人の意思とは別に)は支払う義務はありません。保証人と借り主が同じ筆跡の場合は、実印が押されていた場合でも勝手に印鑑を使われていたと証明出来ます。

 

 

 

ですのでこういったケースの場合は裁判にもつれ込んでも責任を免れる事が出来ます。

 

 

 

いつも実印を使わせていたり、別の件で実印を預けていた場合、勝手に保証人にされていても責任義務が生じる可能性がありますので注意が必要です。これを表見代理といいます。

 

 

白紙に署名捺印したら連帯保証人にされていた

 

この場合は、後から連帯保証人の紙とは知らなかったという風に言っても、責任自体から逃れる事は厳しい状態です。

 

 

 

本人が署名捺印した訳ですので、契約条項の捏造を立証する事は困難です。契約条項を知っていたからこそ捺印したというのが一般的な考えです。

 

 

 

白紙に署名捺印するリスクをしっかりと認識しておきましょう。

 

 

 

このように、勝手に連帯保証人にされた場合は逃れる可能性が高いですが、場合によっては借金負担がかかりますので、しっかりと確認しておくことと、勝手に実印などを白紙などに押さないという事が大事です。

 

 

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^