リボ払いで支払いしてたモノを任意整理で解決出来る?仕組みについて。

クレジットカードのリボ払いの途中で任意整理になった

クレジットカードを利用している方は、リボ払いを選択している方も多いと思います。リボ払いというのは毎月の支払いを定額にして、限度額までお金を使うことが出来る仕組みとなっています。

 

 

毎月の返済額が決められている為、期間が長くなるのですが、毎月の支払いが楽になる為、クレジットカードを使っている方はほとんどリボ払いにしているケースも多いようです。

 

 

しかしリボ払いや毎月の支払い金額がクレジットカードで増えてきた場合、結果的に毎月支払うことが出来なくなり、リボ払いをしている状態で、借金が膨らん出来て債務整理をせざる得ない状態になるケースもあると思います。

 

 

リボ払いのデメリットとしては、自分がどれだけ借金をしているのか?という所が分からなくなってくる為、毎月の支払い金額がどんどん大きくなってくると言うところです。

 

 

クレジットカードを3枚持っていたとして、それぞれのカードでリボ払いを選択したりすれば、毎月の一枚のリボ払いの金額は少ないですが、3枚重なるとなるとそれがウエイトを占めて大きくなってきます。結果的に債務整理をしなければ毎月のリボ払いが出来なくなると言うようなケースになります。

 

 

リボ払いは、クレジットカード会社の基本的な利益の部分ですので、利息が高いという特徴があり、期間が長くなればなるほど、多くの利息をクレジット会社に吸い取られる状態になります。

 

 

途中で任意整理になった場合、このようなリボ払いの借金は解決出来るのでしょうか?リボ払いで生じた、借金が払えなくなったケースでも、任意整理をする必要があるのでしょうか?

 

 

利息カットが出来るのがメリット

 

 

基本的にクレジットカードなどのショッピングリボの場合は、金利が年間15%程度で、キャッシングリボなどと比べても金利が高く設定されているのが通常です。

 

 

ですので、リボ払いの長期支払いを余儀なくされた場合、任意整理をすることによって利息カットをする事が出来るメリットが出てきます。

 

 

ただし注意をすべき点はショッピングリボに関しては過払い金請求の対象外になります。ショッピングリボンを利用した際は、ショッピングリボ自体が借金ではなく立替金となる為、利息制限法の対象外となる為過払い金請求の対象にはなりません。

 

 

つまりこのショッピングリボに関して言えば、借金自体の減額が出来ません。

 

 

とは言っても、リボ払いに於いて借金がどんどん重なっていき、長期の間利息を支払っている状態が続いている場合であれば、利息カットをする事が出来ると言うだけでかなりの減額が期待する事が出来ます。

 

 

ですのでショッピングリボに関して言っても、過払い金の対象外ではありますが、任意整理をして将来の利息をカットするという部分で価値があると思います。

 

 

またショッピングリボと違い、キャッシングリボの場合は銀行から現金を引きを通すという借金の取り扱いになる為、利息制限法の対象になります。

 

 

キャッシングリボに関しては、過去に社会現象になっていた為、過払い請求が出来る可能性があります。利息制限法が適用されるようになった時期よりも先にカード会社や消費者金融なのでキャッシングリボでお金を借りていた方であれば、かなりの高い利息を払っていたケースが多く、過払い金請求が出来る可能性が高くなってきます。

 

 

過払い金請求が出来るという部分に加え、キャッシングリボもショッピングリボと同様に将来的な利息がカット出来る為任意整理は有効な手段になります。

 

リボ払いの借金を任意整理した時のデメリット

 

このように将来的な利息をカット出来るという部分で、リボ払いの借金の任意整理は非常に有効な手段となります。

 

 

しかしもちろんデメリットも存在します。それはリボ払いを出来ていたクレジットカードが使えなくなると言う所です。任意整理は債務整理となりますので、リボ払いが債務整理の対象となった場合、信用情報機関に5年間は情報が載る為、カードも利用出来なくなりますし、ローンも組めなくなります。

 

 

新しいクレジットカードも作ることはできませんし、新しいクレジットカードでリボも出来ないという事になります。

 

 

また完済前の商品は変換する必要が出てきます。債務整理の対象となったカードを利用して購入したものの返済が完了していない場合、その商品自体が差し押さえの対象となります。

 

 

任意整理を行う前に、対象カードでの購入商品が完済しているかどうか?という所をチェックすることが大事です。

 

 

リボ払いというのは、基本的に「こんなはずじゃなかったのに…」と言うようなケースで、借金がどんどん膨らんでいく事が多いです。リボ払いで長期の利息を払っている方であれば、月々の返済額が増えていき、頭を悩ませているケースも多いと思いますので、一度債務整理等で解決出来るかどうか?を検討してみるのもいいと思います。

 

 

任意整理の専門家に無料に相談出来る為、もし月々の返済などに悩んでいる場合であれば、相談する事をお勧めします。

 

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。



>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。


病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^



『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。



そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。



エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。



>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

リボ払いで支払いしてたモノを任意整理で解決出来る?仕組みについて。関連ページ

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます
任意整理では交渉する相手を選ぶことが出来ますので、色々な方法で借金の返済方法を考えることが出来ます。
任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い
任意整理は借り入れ期間が短い場合、やっても意味がないという事を聞きますが本当の所はどうでしょうか?
任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する
任意整理後はローンが約5年間組むことが出来ません。しっかりと予測して、返済計画を立てていきましょう。
任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識
任意整理は将来利息のカットも出来るため、大幅に借金の返済額が減ります。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。
任意整理についてと減額の実例など
債務整理の中でも任意整理について説明します。
任意整理の費用について|弁護士への支払い金額の相場と返済方法
任意整理で実際にかかる費用について説明しています
任意整理のメリットやデメリットについて|債務整理の基本
任意整理についてのメリットやデメリットについて書いていきます。
任意整理手続きと具体的な流れ|任意整理となった時の一連の流れ
任意整理を行った際の一連の流れについて説明しています。
任意整理から信頼回復までの流れや期間について
任意整理になったあと、どういった流れで信用回復になっていくのでしょうか?
任意整理後にクレジットカードを作るには?作れるのはいつから?
任意整理をしたあと、クレジットカードを作ることが出来る脳でしょうか?
家族や会社に内緒に債務整理なら任意整理になる理由
内緒に会社で借金を返済する場合は任意整理が一番。
任意整理をしたあと、もし支払いが出来なくなった場合
任意整理をして借金を返済しようとした場合、その後返済ができなくなる事もあるかもしれません。その場合、どういった感じになるのでしょうか?
任意整理が絶対出来るとは限らない|色々なケースで任意整理が失敗する
任意整理は裁判所を通さない債務整理ですが、全ての状態において成功するワケではない。失敗する原因について。
任意整理の金額を一括返済|分割から一括返済するメリットとは?
任意整理は分割決済が基本ですが、一括返済が出来る場合、一括返済をするとメリットがあるのか?
任意整理は誰でも出来る?任意整理の注意点や諸注意について
任意整理をするにあたって注意点等を説明します。債務整理の中で任意整理を選んだ際の注意点。
任意整理後の家賃、賃貸契約は出来るのか?ブラックリストでも大丈夫?
任意整理をしたあと、賃貸契約をする事は出来るのでしょうか?家賃が安い所に引っ越す場合等可能なのでしょうか?
任意整理を選択したいけど出来ない理由|どういった原因が任意整理を妨げる?
任意整理をしたいけど出来ない、、、という方はどういった部分が妨げる原因になっているのか?
任意整理をした後に借り入れは出来る?注意点等
任意整理を選択した後、借り入れが出来るのか?わからない方も多いかもしれません。出来るのでしょうか?
ギャンブルで出来た借金も任意整理が出来るのか?任意整理では借金の理由は問われる?
ギャンブルで出来た借金は、任意整理の対象として認められるのでしょうか?
任意整理が出来るか?は「借金の総額」と「支払い能力」の有無
任意整理が出来るかどうかという部分は、借金の総額や支払い能力の有無によります。
任意整理と個人再生の判断のポイントについて|ドコを決め手にする?
債務整理の際に、個人再生、任意整理、悩む事があるかもしれませんが、どういった所で判断するのでしょうか?
任意整理はいくらの費用がかかる?また、任意整理の期間について
任意整理はどれ位のお金がかかるのか?また、任意整理の期間はどれ位なのか?