任意整理が絶対出来るとは限らない|色々なケースで任意整理が失敗する

任意整理が出来ない理由について

こんにちは。任意整理を債務整理の中で選んだ、または選びたいと思ったとしても、すべての案件において任意整理が出来るわけではありません。任意整理というのは、債権者と債務者の交渉によって決まるものですので、法律的な部分で出来ると言う事ではないのです。

 

 

任意整理というのは、色々な要素が絡まってきて出来る出来ないと言う事が決まります。

 

  • 債権者の会社の方針
  • 債務者の支払い能力
  • 債務者の信頼度
  • 債務整理をする弁護士の力量
  • 債務整理をする弁護士の交渉力

 

このような部分が色々な決定権を持ち、色々な絡みがあって任意整理が出来るかどうか?が決まるのです。ですのでもしも債務者が任意整理がいいと思ったとしても、必ずしも債権者が納得するとは限りませんし、また弁護士の力量が足りない場合であれば、交渉が出来ないというケースも普通にあります。

 

 

つまり色々な条件によって任意整理が出来るかどうか?が決まる為、決して望んでいても出来ない可能性もあると言うわけです。任意整理が失敗に終わった場合、どのような債務整理を選択するのか?このような部分について悩んでいる方も多いと思いますので書いてみたいと思います。

 

 

自分自身で任意整理がいいとか、自己破産は辞めたいと思っていても、支払い能力や、債権者の部分の考えもある為、自分で悩むのではなくまずは法律を知っている、そして債務整理に詳しい弁護士等に相談するのが一番いいと思います。そして弁護士が判断した債務整理が「任意整理がベスト」と判断されると良いのですが、逆に言えば色々な都合によって出来ない可能性もあるのです。なぜ出来ないかと言うのは色々な要素があるのですが、それについて書いてみたいと思います。

 

クレジット会社などの債権者が任意整理に応じない

 

一般的に任意整理の交渉には協力的なのが普通です。債権者というのは、債務者から金額を回収しなくてはいけませんので、債権者が自己破産や個人整理を行ってお金が入ってこないよりも、ちゃんと分割でもお金の書いてくる方が良いからです。

 

 

ですので弁護士の提示する任意整理に対して協力した方が、結果的には債権者にとっては有利だからです。

 

 

このような背景がある為、基本的には債権者(お金を貸している側)が報じてくれることが多いのですが、債権者(お金を貸している側)の規模によって色々な交渉の結果がわかれてきます。利息カットに応じてくれるところ、或いは分割払いに柔軟に対応してくれるところなど、基本的に大手企業であればあるほど資金源が豊富にある為柔軟に対応してくれるところが多いです。このような会社と交渉をすれば、比較的にスムーズに任意整理が行われる事が多いと思います。

 

 

しかし交渉が失敗しやすいケースとしては、経営が悪化をしていたり、運営が上手くいっていないと言うような債権者(お金を貸している側)となるでしょう。

 

 

一般的には、基本的に任意整理というのは弁護士などの代理人が話してくれる為、交渉が上手くいくと言うのが基本的な状態になります。債務者(借金している側)が勝手に交渉の金額を安くしたり、分割を打診したりしても基本的には断られると言うのお覚えておいてください。

 

債務者(借金している側)に問題がある場合

 

基本的に任意整理の返済期間は、3年が限度とされています。弁護士などの代理人が債務整理に長けている方であれば、最大で7年の延長が出来るケースもありますが、基本的には実際の利息引き直しをした後の借金の金額を3年で返すのが通常の任意整理となります。

 

 

借金の金額が多い場合、当然返済額が多くなり、月の支払い額も大きくなってくる為、3年の猶予期間をもってしても返済する事が出来ない状態になります。

 

 

また、債務者(借金している側)が毎月の給料が少なかったり、借金の元金が多かったりして、毎月の支払い金額の支払い能力がないケースもある為、支払い能力がない場合は任意整理が出来ないようになります。

 

 

また、借金をした期間が短い段階で任意整理をしたりした場合、返済の確率の信頼もない為、任意整理に応じないのが普通です。さらに、過去に返済の滞納を繰り返していると言うようなケースも同様で任意整理に応じてくれません。

 

 

このほかのレヤなケースとして、代理人の弁護士と債権者(お金を貸している側)の信頼関係がない、お互いの相性が悪いと言う様な場合は断られるケースもあります。

 

 

別の債務者(借金している側)との債務整理の交渉で、その会社と特定の弁護士の間で何かのトラブルがあったり、過去に弁護士がその債権者(お金を貸している側)に対して攻撃的な交渉をしたりした場合は、弁護士が原因で任意整理に応じないというケースもあります。

 

 

このような事もある為、弁護士を選ぶときは慎重になる必要があります。個人で弁護士に頼んだ場合、債権者(お金を貸している側)とのトラブルがあったと言う事はわかりませんし、あなたは新規のお客さんかもしれませんが、何度も債権者(お金を貸している側)とトラブルを起こしているような弁護士の可能性もある為、弁護士選びは慎重になる必要があります。

 

どうしても任意整理が出来ない場合

 

このような感じで、任意整理が出来ないケースというのはある為、最悪な事も想定して債務整理を行う必要があります。債務者(借金している側)もお金を返しながら普段の生活を送る必要がある為、払えないのであれば借金を返すことも出来ません。

 

 

つまり通常の生活をしながら、任意整理の金額も返さなければいけませんので、自分の生活にみあった借金の返済する必要があると言うことです。

 

 

もし任意整理が出来ない場合であれば、法的拘束力を持つ自己破産や個人再生などの手段をとる必要があります。自己破産や個人再生などを行うことで、今までの借金をゼロにするか、大幅に減額をするのかを選択する必要があります。

 

 

弁護士や司法書士に於いても、債務整理に特化した専門の方がいらっしゃいます。その様な方にお願いする方は、任意整理の交渉もやりやすいですし、確実にアドバイスをしてくれますのでお勧めします。

 

 

任意整理が出来るかどうか?という部分は、まず代理人の弁護士と話し合い、しっかりと方向性を決める必要がある為、無料で相談出来る窓口に相談するのがベストの方法だと思います。

 

 

借金は悩んでいても返すことはできませんし、元金はどんどん増えていくばかりです。普段の生活を行う為にも、しっかりと債務整理の方向性を決めておく必要があるでしょう。

 

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。



>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。


病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^



『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。



そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。



エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。



>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。

1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。


そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。


エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。


>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

任意整理が絶対出来るとは限らない|色々なケースで任意整理が失敗する関連ページ

任意整理では交渉する相手(貸金業者)を選ぶことが出来ます
任意整理では交渉する相手を選ぶことが出来ますので、色々な方法で借金の返済方法を考えることが出来ます。
任意整理では、引き直しで支払わなくてもいい利息が必ず出てきます
任意整理では引き直し計算をして支払わなくていい利息が出てきますので相談してみましょう。
任意整理は借り入れ期間が短いと意味が無いのか?|過払い金との兼ね合い
任意整理は借り入れ期間が短い場合、やっても意味がないという事を聞きますが本当の所はどうでしょうか?
任意整理後は、車検などのローンが出来ない?出費を予測する
任意整理後はローンが約5年間組むことが出来ません。しっかりと予測して、返済計画を立てていきましょう。
任意整理をすると、借金の総額はどれ位減るのか?任意整理で損しない為の知識
任意整理は将来利息のカットも出来るため、大幅に借金の返済額が減ります。
家賃滞納分を任意整理に入れない方がいい理由
家賃滞納を負債としてあげると、強制退去の可能性が出てきます。将来的な部分も考慮に入れて、自分にあった債務整理を行っていきましょう。
任意整理についてと減額の実例など
債務整理の中でも任意整理について説明します。
任意整理の費用について|弁護士への支払い金額の相場と返済方法
任意整理で実際にかかる費用について説明しています
任意整理のメリットやデメリットについて|債務整理の基本
任意整理についてのメリットやデメリットについて書いていきます。
任意整理手続きと具体的な流れ|任意整理となった時の一連の流れ
任意整理を行った際の一連の流れについて説明しています。
任意整理から信頼回復までの流れや期間について
任意整理になったあと、どういった流れで信用回復になっていくのでしょうか?
任意整理後にクレジットカードを作るには?作れるのはいつから?
任意整理をしたあと、クレジットカードを作ることが出来る脳でしょうか?
家族や会社に内緒に債務整理なら任意整理になる理由
内緒に会社で借金を返済する場合は任意整理が一番。
任意整理をしたあと、もし支払いが出来なくなった場合
任意整理をして借金を返済しようとした場合、その後返済ができなくなる事もあるかもしれません。その場合、どういった感じになるのでしょうか?
任意整理の金額を一括返済|分割から一括返済するメリットとは?
任意整理は分割決済が基本ですが、一括返済が出来る場合、一括返済をするとメリットがあるのか?
任意整理は誰でも出来る?任意整理の注意点や諸注意について
任意整理をするにあたって注意点等を説明します。債務整理の中で任意整理を選んだ際の注意点。
任意整理後の家賃、賃貸契約は出来るのか?ブラックリストでも大丈夫?
任意整理をしたあと、賃貸契約をする事は出来るのでしょうか?家賃が安い所に引っ越す場合等可能なのでしょうか?
任意整理を選択したいけど出来ない理由|どういった原因が任意整理を妨げる?
任意整理をしたいけど出来ない、、、という方はどういった部分が妨げる原因になっているのか?
任意整理をした後に借り入れは出来る?注意点等
任意整理を選択した後、借り入れが出来るのか?わからない方も多いかもしれません。出来るのでしょうか?
リボ払いで支払いしてたモノを任意整理で解決出来る?仕組みについて。
リボ払いで支払いをしていた場合、任意整理になったらどうするのでしょうか?それでも返済出来る仕組みについて。
ギャンブルで出来た借金も任意整理が出来るのか?任意整理では借金の理由は問われる?
ギャンブルで出来た借金は、任意整理の対象として認められるのでしょうか?
任意整理が出来るか?は「借金の総額」と「支払い能力」の有無
任意整理が出来るかどうかという部分は、借金の総額や支払い能力の有無によります。
任意整理と個人再生の判断のポイントについて|ドコを決め手にする?
債務整理の際に、個人再生、任意整理、悩む事があるかもしれませんが、どういった所で判断するのでしょうか?
任意整理はいくらの費用がかかる?また、任意整理の期間について
任意整理はどれ位のお金がかかるのか?また、任意整理の期間はどれ位なのか?