連帯保証人は支払い責任がキツい!債務整理で対策するべき理由

連帯保証人は責任がある、債務者と同様の支払い義務があります

こんにちは吉田です。借金というのは、自分が色々な条件で借金をした以外にも、全く関係のない所で借金を背負う時もあります。

 

 

連帯保証人というのもまさしくそれで、自分に全く責任がないにも関わらず、お金を借りた人間が支払い能力がない場合、その金額を連帯保証人が背負う必要が出てくるのです。

 

 

連帯保証人になっているばかりに、順風満帆に生活していて、家も建てたのに、その家も財産として取り押さえられたり、連帯保証人になったお金を借りた人間は行方をくらまして、結局泣き寝入りして人生棒に振ったと言うような方も非常に沢山います。

 

 

つまり、連帯保証人になると言う事は、債務者(借金している側)と同等の支払い義務を連帯保証人になった時点で持つ、債務者(借金している側)がお金を返せない場合は、自分がそのお金を返済する義務があるという部分をしっかりと認識しておかなければなりません。

 

 

お金を貸す側にとっては、債務者(借金している側)や連帯保証人という立場は全く関係なく、連帯保証人になってかわいそうだなと言う様な同情の余地もない為、容赦なく債権者(お金を貸している側)は取立てをしてきますし、法律上連帯保証人になると言う事はその様な事なのです。

 

 

債務者(借金している側)の返済が確認出来ていない場合であれば、無条件に連帯保証人に連絡がイクと言う様なのは当たり前な事なんです。

 

 

もちろん、連帯保証人は借金を介していない債務者(借金している側)に対して、支払い請求を行ったり、裁判で訴えることも出来ないと言う事をしておきましょう。

 

 

連帯保証人は債務者と同様の支払い義務がある
債務者(借金している側)が自己破産、その他経済的理由で返済出来ない場合は、連帯保証人が支払う義務がある
債務者(借金している側)に対して、支払い請求をしたり、裁判で訴えることは無理
財産等も債権者(お金を貸している側)に差し押さえられる可能性がある

 

 

つまりこのような事をすべて理解した上で連帯保証人になる覚悟があるかどうか?になります。

 

 

そのことを理解した上で契約書にサインしたと言うことになる為、人の連帯保証人になるときは本当に注意が必要なのです。友情が壊れるとか、信頼がなくなるとかその様な問題ではなく、債務者(借金している側)はお金を返したくても返せない状態になり、連帯保証人のあなたに幾ら涙を流して土下座して謝ったとしても、債務者(借金している側)が返済能力がない場合、あなたの車や、あなたの家、すべてが差し押さえられると言う事です。

 

 

連帯保証人に連絡が来た時は債務者(借金している側)に事情を確認する

 

何らかの事情で借金が返せないと言うような場合であれば、連帯保証人になった立場上としては、債務者(借金している側)に事情を確認したいと思います。まず事情を確認する事が一番だと思います。

 

 

連絡が取れれば大丈夫ですが、例えば経済的理由で蒸発して連絡が取れないケースも普通にあります。

 

 

このようなどのような状態になったとしても、連帯保証人は債権者(お金を貸している側)側に対し、裁判で訴えることも出来ませんし、債務者(借金している側)側に落ち度があったとしても、支払いが出来なくなったという時点で連帯保証人にすべての負担がかかってしまうという事になるわけです。

 

 

債務者(借金している側)に支払い能力があったとしても、支払い能力がなかったとしても、いずれにしても債権者(お金を貸している側)に対してお金を返済していないのであれば、すべて連帯保証人の責任になるわけです。

 

 

例えば、連帯保証人に立った時点で色々な条件で契約しているかもしれませんが、個人の約束という部分に関して言えば、法的な拘束力は全くないと思ってもいいでしょう。

 

 

連帯保証人が、債務者(借金している側)が払えない場合は責任を負うという法律的な決まりにのっとり、債権者(お金を貸している側)側は一括の支払い請求を連帯保証人にしても全く問題ないとなっているのです。

 

支払いが難しい場合

 

債務者(借金している側)側に責めたい気持ちもあると思いますが、連帯保証人になった時点で債務者(借金している側)と同様の義務を持つと言う事を知らない連帯保証人になった自分を反省するしかありません。

 

 

債務者(借金している側)側にお金を払えとか、自分が支払ったお金を法律で請求する事も出来ないのです。

 

 

債権者(お金を貸している側)側は、債務者(借金している側)や連帯保証人という立場なく、お金を返済してもらうように一括返済をしてくるだけです。もし一括請求が来た場合、支払いが難しいと分かっている場合であれば、連帯保証人であっても債務整理を検討する必要があるでしょう。

 

 

債務者(借金している側)が支払いを送れた部分の遅延料金なども当然連帯保証人である人が払わなければいけません。一刻も早く請求を止める必要がありますし、社会的地位の部分に於いても、連帯保証人になっているから…という所では納得もしてもらえないと思います。

 

 

債権者(お金を貸している側)側に、自分は支払う能力がないと言うことをわかってもらう必要があるでしょう。幾ら連帯保証人で、そんなにいきなり一括請求をされても無理だと言っても、債権者(お金を貸している側)は法的に間違っていませんのでその様な事は問答無用で執行されてしまいます。

 

 

債務整理に強い弁護士を一刻も早く雇うことをお勧めします。借金問題に強い特化した弁護士に相談する事で、連帯保証人であっても最適な債務整理を指導してくれるという部分が心強いと思います。

 

 

債務整理を行う時点まですべて匿名と無料で相談にのってくれますので、安心して利用する事が出来るでしょう。

 

 

連帯保証人になって、債務者(借金している側)側に何とも腹立たしい気持ちが出てくるのも分かるのですが、連帯保証人というのはそれだけ同様の義務があると言うことです。

 

 

一刻も早く債務整理をする事をお勧めします。

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。

>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。

そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。 エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。

連帯保証人は支払い責任がキツい!債務整理で対策するべき理由関連ページ

50代でボーナスカット減給、リストラの生活苦、ローンの返済が出来ない
親の借金を調べる事は出来る?他人の借金を調べることは出来るのか?
債務整理に強い弁護士、信頼できる弁護士の探し方
債務整理についての色々な疑問|借金返済の際の疑問等
債務整理と種類と債務整理をしたほうがいい状況を把握する
アナタの借金は今いくら?|債務整理を頼む前にすること
自分に最適な債務整理の調べ方|債務整理の疑問や悩み相談
勘違い!自己破産しかないと思っている方は債務整理を理解しましょう。
サラ金や信販会社以外の借金や借り入れ|債務整理準備
債務整理を拒む理由や借金放置をする理由|無料でもやりたくない理由
返さなくていい借金と、返す必要のある借金について|債務整理問題
債務整理と子供の奨学金の申請について
借金が返せない時の強制執行って、布団や電話、鍋などもとられる?
債務整理とローンの関係|債務整理で考えられる疑問点
債務整理をしたら、自分や家族のクレジットカードは使えなくなる?
債務整理の特定調停とは?|特定調停のメリットとデメリット
受任通知の効力について|債務整理の際発行される受任通知の説明
家のローンが払えない|債務整理における任意売却と競売について
債務整理で弁護士や司法書士を代理人にするメリットについて
債務整理をする際に押さえるべきポイント|注意点と失敗しない為の基礎知識
借金が返せずに、3倍の価値がある自宅を差し押さえされた、、、担保に入れている場合
自己破産をして、裁判所から免責を受けたのに免責を認めないと返済を迫ってくる業者がいる
借金の時効完成で返済が無くなった後、請求してくる業者に一部を支払ったのだが、、
借金債務整理のADRとは?裁判外紛争解決手続について
多重債務で車のローンが残っている。引き上げ要求はされる?
多重債務とおまとめローンの関係|多重債務者にはおまとめローンが一番なの?
知ってる?おまとめローンのデメリット|甘い言葉に騙されない
アコムに借り入れしてる人、元金が減らない人が借金を減らす方法
リボ払いの注意点、借金地獄になる前にしっかりと確認
借金を減らす方法|おまとめローンは有効?最もベストな方法とは?
債務整理は電話相談だけで出来る?電話相談のオススメ弁護士事務所
債務整理の種類について|借金を返済する方法と種類
3つの債務整理の違いについて|借金返済の際の質問
弁護士と司法書士の違い|債務整理はドチラへ頼むべき?
借金の返済方法ってどれが一番??債務整理についての正しい知識
借金のある彼女と結婚|問題点や解決する所はドコ?
借金返済の為には完済を決心して行動をする|債務整理を具体的に考える
多額借金の債務整理、借金が300万円、400万円、500万円位の場合、任意整理する?自己破産する?
借金が200万円あるケース、返済方法と最適な債務整理は?
子供が作った借金、親に支払い義務はあるのか?子供の借金が分かった時
リボ払いで借金が減らない理由|元金は減らない、減らすには
借金が減らない理由について|なぜ自分の借金が減らないのか?減らす方法
シングルマザーの借金事情、収入が少ないシングルマザーの返済計画
借金苦の相談|法的に借金苦から解放される為に知っておくべき事
親の介護で借金、深刻化している介護破産について
旦那さん、妻の借金を内緒で調べることは不可能です
弁護士に無料で相談できるっていうのは本当なのか?
奨学金を滞納した場合、奨学金は債務整理の対象になる?
自分の名義ではなく、他人の名義で借金をした場合の責任
多重債務、借金相談はドコにする?公的窓口について
主婦の借金解決方法|主婦は時間があるから、、総量規制の落とし穴
起業したあと借金を返済出来る?起業で失敗した後の債務整理について
FXで作った借金は、債務整理出来る?自己破産や任意整理は可能?