任意整理をした後に借り入れは出来る?注意点等

任意整理をしたあとも借金や借り入れが出来るのか?

こんにちは。いつもご覧いただきましてありがとうございます。債務整理をして、その債務整理の方法が任意整理を選んだ場合、任意整理の手続きを始めた後から約5年間の間は信用情報機関に情報載ってしまいます。

 

 

つまりこの5年間の間に借金をする事や、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする事は出来という事になります。つまりこの状態は、一般的に言われるブラックリストに載っている期間となります。

 

 

このような間は一般的には借金をする事も出来ませんし、ローンやクレジットカードを組むことも出来ませんし、キャッシングを利用する事も出来ないと考えておいて方がいいです。

 

 

5年間の間基本的に現金のみの生活になる為、貯金などがない方は不安になるかもしれませんが、借金の問題を解決する為には、債務整理は絶対に必要であり、その間色々な借り入れが出来ないという部分をしっかりと理解して、毎月任意整理の為の金額を返せるようにする必要がある事を覚えておきましょう。

 

 

では、実際に任意整理の後には本当に借り入れが出来ないのか?どういった部分を注意して生活していく必要があるのか?任意整理をした場合、月額返済金額についての注意点などを再確認していきたいと思います。

 

 

なぜ任意整理をした後に借り入れが出来ないのか?

 

任意整理をした後、なぜ借り入れが出来ないのか?それは任意整理をしたという情報が、信用情報機関に登録されてブラックリストに載ってしまうからです。

 

 

信用情報機関というのはその期間に登録している信販会社などが、消費者の信用情報を紹介出来るように、その情報を参考にするようなデータベースとなります。消費者の返済能力に合ったサービスを提供する為二、或いはその消費者がどのようなお金の貸し借りをしていって、どういった返済をしてきたのかを知ることで、リスクのないサービスを出来るようにするものです。

 

 

このような機関が存在するという事で、信販会社側にとっても取りっぱぐれのない有効な取引が出来るようになります。この期間は一つだけではなくCIC、JICC、KSCの三つになり、一般的な有名な信販会社、アコムやアイフルなどの大手の登録しているところはJICCです。

 

 

任意整理だけに限らず、個人再生や自己破産などの債務整理をした場合は、この信用情報機関に掲載されている状態になっている為、信頼が全くない状態になっています。

 

 

この三つの期間がそれぞれ独立しているわけではなく、三つの情報機関が情報を共有している為、どのような信販会社を利用したとしても、情報がすべて筒抜けになると言う事になります。

 

 

つまりアコムで任意整理をして、アコムはJICCなので、別のCICに属している信販会社で借金を出来ると言うのは間違った考えと言う事です。三つの信用情報機関はお互いに情報を共有している為、任意整理をした5年間はいかなる所でも借金をする事が出来ないと言うことです。

 

ブラックリストに載るのはいつからなのか?

 

では、信用情報機関にブラックリストとして載るのはどのタイミングなのでしょうか?それは、弁護士が債権者に対して受任通知をしたタイミングとなります。

 

 

つまり債務整理の手続きが始まった時点からブラックリストとして信用情報機関に個人情報が伝わると言うことです。

 

 

任意整理は1社ごとの交渉になる為、和解までの期間や、返済期間というのはそれぞれ変わりますが、返済が終わった時点で借り入れが出来ると言う方もいるし、3年で任意整理で和解した金額の返済が終わったとしても、借り入れが出来ないと言うような方もいます。

 

 

いずれも案件というのは個人によって全く異なってくる為、一般的には5年と言われていますが、それよりも早くなる方もいれば、ずっと借りれないと言うようなケースもあります。

 

任意整理の後に借り入れが出来るケース

 

ブラックリストに載っている状態で審査をするというのは信販会社はあります。つまり、信販会社がブラックリストに載っていても問題ないと思っている人であれば、審査を通してその人はお金を借りることが出来るという事です。

 

 

一般的に大手の信販会社、例えばアコムやプロミスと言う様なところは貸し出しは行っていませんが、中小の審査基準が低いような信販会社は沢山あります。

 

 

債務整理をした時の経済状況とは違い、今ではちゃんとした就職につき、滞納がなかったり、今の月収が高いい状態などであれば、ブラックリストに載っている状態でも貸してくれるケースもある為、借り入れ出来る可能性がある信販会社があります。

 

 

とは言っても、基本的にはブラックリストに載っている人間に貸し出しをするわけですので、最初から金利が高く設定されていたり、限度額が少なめに設定されていたりしているところも多く、とにかくお金が借りれるという部分で飛びつけば、後で結果的に泣きを見ることになります。

 

 

ブラックリスト対象者に対してもお金を借りれるという部分をアピールして、「ブラックOK」と言う様な宣伝をして、やみくもにお金を貸し厳しい取り立てをするような闇金まがいの金融機関もある為、基本的には任意整理をしたり、債務整理をした後、やみくもに借り入れをしない方が良いというのが一般的な考えです。

 

任意整理のメリットとしては、裁判所を通さず誰も話すことなく本人だけで完結出来るという部分もありますが、その様な部分は素人では出来ないケースもある為、債務整理に詳しい専門家の弁護士等に相談して、最適な債務整理をする事をお勧めします。

 

 

基本的に借り入れをしなくていいよな生活を取り戻すという事が先決です。

 

私が当サイトで勧めているのは『東京ミネルヴァ法理事務所』ですが、まずは気軽に無料減額診断を匿名で使えるシステムです。



 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『東京ミネルヴァ法理事務所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。



『東京ミネルヴァ法理事務所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。




エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。