任意整理から信頼回復までの流れや期間について

どういった流れで回復していく?

こんにちは、債務整理と言っても色々ありますが、その中でも任意整理を選択した場合、どのような流れで進んでいくのか?という事を知りたい方も多いと思います。

 

 

そして任意整理の返済をし始めた場合、堪能したら信用情報がなくなるまでどのくらいかかるのでしょうか?そういった部分も気になっている方もいるのではないでしょうか。

 

 

実際に任意整理になって、どのような流れで進んでいくのか?実際に任意整理をして、毎月債権者に対して返済をして、そして借金がなくなることを想像していことが大事になってきます。

 

 

任意整理にどれくらいの時間がかかるのか?そして返済から、自分の信用回復の期間をどのくらいにあるのか?という部分を知ればだいぶん楽になるのではないでしょうか?

 

 

まず任意整理になるのかどうか?自己破産になるのか?という所を決めるのは弁護士さんや司法書士になります。弁護士が今の借金の状態を判断して、どのような債務整理を行っていけばいいのか?を判断するのです。

 

 

そして、あなた自身の今の収入や、借金の多さによって、ベストな債務整理を選択してくれます。弁護士さんが債務整理の方法を「任意整理がよい」と判断した場合、債権者側に、債務者がこれから任意整理を行うと言う受任通知を出します。

 

 

この受任通知というのは、これから債権者との交渉を、弁護士が行うという事の表れであり、債権者側は債務者に対しての支払いを請求する事が出来ない状態になります。

 

利息の引き直し計算をする

 

受任通知を出した後、債権者側に弁護士が、取引の明細書を取り寄せることが出来ます。そして、その際に払いすぎた利息がないか?という事をチェックします。一般的に過払い金請求という名前で知られていると思いますが、借入期間が長い債権者であればあるほど、過払い金請求、利息を支払って払いすぎているケースが多いようです。

 

 

この利息というのは借金の元金に当てることが出来る為、ここで本当に支払うべき借金の残高か分かることになります。

 

 

債権者の中には、明細を提出する事を拒む会社もある為、だいたいこの期間は1ヶ月~2ヶ月ぐらいの期間がかかると予想しておけばいいと思います。これは、弁護士さんの仕事量や、どのくらいの会社からお金を借りていたのか?という部分にもよりますので、一概にどのくらいという期間はわかりづらいといえます。

 

 

そして利息の引き直し計算を行い、実際に借金の返済金額が分かった時点で、債務の詳細がわかり交渉が出来るようになります。

 

  • 借金が減額出来るかどうか?
  • 利息はどれくらいカット出来るかどうか?
  • 残債の返済期間はどれくらいまで猶予があるのか?

 

このような部分を、弁護士さんはあなたの代理人となり、債権者に対して交渉する事が出来ます。債権者は、債務者がずっと借金を返済していない為、なかなか交渉には応じてくれないケースもあり、弁護士さんと債権者との間で色々な交渉が行われ、案件によっては長引くこともあります。

 

和解契約を結ぶ

 

債権者と和解契約を結ぶのは簡単ではありませんが、弁護士さん等債権者の間で色々な交渉が行われ、いよいよ返済金額や、返済の猶予、このような部分が煮詰まってきます。

 

 

これは実際の所、弁護士さんと債権者とのやりとりになりますので、借金を実際にしている債務者は結果を知るだけであり、特に何もする必要はありません。

 

 

基本的にはこの和解契約に行き着くまでに、弁護士さんと債権者の間でかなりのやりとりがありますし、債権者も簡単には引き下がらない為、短くて3ヶ月、或いは長くて1年くらいの期間がかかるケースもあります。

 

 

もちろん多重債務などの場合であれば、債権者が多い為、和解契約をそれぞれ結ぶのに時間がかかるというケースもあります。

 

任意整理の返済期間について

 

一般的に任意整理の返済期間というのは、3年から5年が通常となります。基本的には3年になりますが、弁護士さんと債権者の間で話し合いがなされ、金額が大きい場合とか、毎月の支払い能力の判断などで5年から7年の延長になるケースもあります。

 

 

この和解が結ばれた後、通常は2週間ほどで残りの任意整理の金額の支払いが始まります。

 

 

返済の仕方としては、債務者が債権者に直接返済するのではなく、依頼人が代理人に返済額を支払う、そしてその代理人から債権者に支払うと言う様な方法がとられます。

 

 

もしも支払いが厳しくなった場合、さらに金額を払って、その時点での債務整理が始まります。基本的に任意整理で厳しくなったのであれば、通常は自己破産と言う様な選択になるはずです。

 

 

交渉を有利に進める為にも、任意整理で返済する金額が支払えなくなった場合、あらかじめ早めに相談するというのが大事になります。そうしなければ債権者に再度弁護士さんは相談出来なくなります。

 

 

債務整理履歴の削除まで5年かかると言われています。

 

信用情報機関に、債務整理の情報として乗るのは約5年間と言われています。その間情報が反映されていると考えられています。

 

 

例えば支払い期間が3年であったとした場合、無事返済を完了したとしても、その後2年から3年というのは借金する事が出来ないという事になります。

 

 

その間はクレジットカードも作れませんし、ローンで何も物を買ったり出来ません。

 

 

このような感じが一連の流れになりますので、弁護士さんに相談して債務整理を頼み、任意整理に決まって借金を返済して、信用が取り戻すまでにだいたい5年から7年くらいの期間がかかるとみていいと思います。

 

 

任意整理の場合は、他の債務整理の方法に比べ、裁判所を通さない為、手続きも簡単ですし、時間もかからないという部分がメリットになります。

 

 

しかし任意整理がいいのか?他の債務整理の方法がいいのか?というのは、素人では絶対に分からない為、弁護士さんなどに相談するのが一番の近道だと思います。無料で任意整理に詳し弁護士さんに相談出来るシステムもありますので、その様な所に相談してみるのが一番の近道だと思います。

 

私が当サイトで勧めているのは『東京ミネルヴァ法理事務所』ですが、まずは気軽に無料減額診断を匿名で使えるシステムです。



 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『東京ミネルヴァ法理事務所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。



『東京ミネルヴァ法理事務所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。




エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。