家族が自己破産、自分にも影響はあるのか?|債務整理の相談

自己破産は本人の問題です

ご訪問ありがとうございます。元司法書士を目指し5年程頑張っていた吉田です。債務整理経験者でもあります^^;詳しいプロフィールはコチラ

 

 

  • 父親が自己破産した、自分の仕事などに影響がある?
  • 旦那が自己破産、働いている私に影響がある?
  • 妻が借金をして自己破産、自分の仕事や出世に影響がある?

 

 

自己破産は本人だけではなく身内の場合もあり、その場合にどういった影響があるのかというのを心配している方も多数いらっしゃいます。自己破産というと債務整理の中でも色々な制限などを受ける必要がありますので心配するのも当たり前かもしれません。

 

自己破産とは?
自己破産は裁判所を利用し、債務者の財産の一部を貸金業者へ配当する代わりに、税金等を除く借金の支払いの義務を免除してもらうという手続きとなります。


自己破産は裁判所から免責の決定を得ることから出来れば、税金等を除く支払い義務が免除されます。自己破産に関しては色々な悪いウワサがありますのでプロにしっかりと相談しましょう。

 

自己破産のメリット
自己破産を申し出て免責許可が決定されると、税金等を除く借金の支払い義務が免除されます。(借金がゼロになります。
手続きを開始されると、債権者は強制執行が出来ません。
=======================
☆自己破産のデメリット
個人信用情報に事故情報が載るため、一定期間(通常7年)借入、ローンが組めません。
土地や建物、持ち家など、一定以上の財産は処分されます。(処分対象のものはシロウト判断で分かりませんのでプロに相談しましょう。)
自己破産の手続き中は、士業、警備員等の一定の職業の資格制限を受けます。
官報に氏名等が掲載されます。

 

 

基本的には、自己破産をした本人以外の影響(身内や夫婦、親族であっても)はありません

 

債務整理と子供の奨学金の申請について

 

例えば父親が自己破産をした場合でも、子供の結婚、進学、就職など影響が出るという事はありませんので安心してください。子供の奨学金などの保証人にはなれませんが、保証人を自己破産者以外にする対応策もありますので問題はありません。

 

 

 

例外は保証人等の場合

 

例外として、自己破産者の連帯保証人になっている場合は、連帯保証人側に債権者が一括返済を請求しますので迷惑がかかります。

 

自己破産をしたら保証人に迷惑がかかる?債務整理の基礎知識

 

連帯保証人を介して借金をしている場合、自己破産をした場合は連帯保証人に迷惑がかかるという事はアタマにいれておきましょう。

 

 

自己破産がベストの方法なのか?

大事なことは、借金の解決が自己破産がベストなのか?という判断が正しいのかどうかという事です。そこが間違っている場合もあります。

 

自分で今の状況を見て、自己破産しか道はない、、、と諦めていませんか?専門家に相談してベストな方法を探してみるといいと思います。

 

 

【当サイト一押し!】私が『街角法律相談所』を勧める理由!

私が当サイトで勧めているのは『街角法律相談所』ですが、複数の中から最適な弁護士を選んでくれるというシステムです。

>>【匿名&無料相談】全国の借金解決のプロの中から3社を自動で選出します^^

 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 一社だけでは、値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『街角法律相談所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。

病院では『セカンド・オピニオン』という考え、一般の会社では『相見積もりで比較』というのが当たり前なのに、こういった特殊な事こそ自分に最適な弁護士を比較して選びたいですよね^^


『街角法律相談所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。

そして、厳選に選ばれた全国の債務整理のプロの内から適切な3社を自動で選出し、各社の無料減額見積もりをサイトで確認できます。 エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。