自分に最適な債務整理の調べ方|債務整理の疑問や悩み相談

借金は十人十色、自分に合わせた債務整理

ご訪問ありがとうございます。元司法書士を目指し5年程頑張っていた吉田です。債務整理経験者でもあります^^;詳しいプロフィールはコチラ

 

 

債務整理を行う際、自己破産だけではなく債務整理のどれを選ぶべきなのか、、、これは自分だけで考えて解決するべきことではありません。借金の多重債務者の場合、会社毎に最適な債務整理のプランがあります。

 

 

あるところでは過払い金請求が出来る可能性がありますし、一緒にひっくるめたら自己破産していしまうと過払い金請求が出来なくなることもあります。

 

 

 

自分に最適な債務整理を決める際に注意することをポイントで書いていますので参考にしてください。しかし、これはあくまでもどういったポイントで債務整理を考えるかという事ですので、個人の借金に関してはしっかりと相談することをオススメします。

 

 

知識を知ることは自己防御の面で大事ですが、これを読んで自分に当てはめて行動しないようにしましょう。専門家にしっかりと相談してベストな方法を選んでもらうのが一番です。

 

 

任意整理から考えていく

 

一般に利息制限法に基づいた利息の引き直しからスタートします。引き直し計算を行うことで本当に返す必要がある借金、返さなくてもいい借金というのが分かります。

 

 

また、引き直しを行った場合、逆にお金が返ってくる可能性も残っています。

過払い金が発生する理由とグレーゾーン金利|借金の悩みの無料相談

 

 

例え借金が残っていても、3年未満で返済出来るのかどうかという判断でOKが出れば任意整理がベストという選択になります。任意整理の場合、裁判所を通しませんので素人と貸金業者との話し合いになりますので、コチラはしっかりとした代理人を専任しないと交渉が決裂します。

 

 

個人再生は出来るか?

 

利息制限法で引き直し計算をした場合でも、借金がかなり残る事があります。任意整理でダメな場合はこの個人再生という選択になります。3年で支払いが出来ない位の残債が残っている場合は個人再生という選択です。

 

個人再生の場合、任意整理の様に全額返済ではなく、返済金額は引き直し計算後の借金総額によって法律で決められます。

 

 

この金額の目安は3年以内で支払うことが出来るかどうかという所です。

 

 

また、個人再生の場合住宅ローンなどがあっても住宅を手放さずに手続きをすることが出来ます。住宅ローンの減額はありませんので注意が必要です。

 

個人再生のメリット
原則借金が5分の1に減額されます。
住宅(持ち家)を手放す事無く借金整理が出来ます。
手続きを開始後、債権者は強制執行が出来ません。例外を除く。
ギャンブルや遊興費などの借金でも個人再生をすることが出来ます。自己破産の様な資格制限がありません。
=======================
☆個人再生のデメリット
個人信用情報に事故情報が載るため、一定期間(通常5年)借入、ローンが組めません。
住宅ローンは減額されません。
場合によっては住宅資金特別条項が許可されません。
官報に氏名等が掲載されます。

 

 

最後は自己破産という選択

 

以上の2つの債務整理の仕方を検討しても尚、借金の返済が厳しい場合は自己破産という判断になります。免責が認められれば借金の支払い義務がなくなりますが、免責が認められない借金もあります。(自己破産が認められない免責が認められない理由

 

 

色々な債務整理がある

 

この様に順番を追いながら債務整理で最適な方法が見つかっていきます。

 

 

また多重債務者の場合、会社毎に対応も変わってきたりと複雑な状況になるため、1人で判断することは難しいと思われます。

 

 

『街角法律相談所無料シュミレーター匿名申し込みプログラム』をオススメしている理由は、そういった悩み全てを無料で相談できる所です。

 

 

自分の状況が分からないという方は一度相談されることをオススメします。