自己破産をすると税金の滞納分は免除される?|債務整理の悩み

自己破産後、税金の滞納分は免除されるのか?

ご訪問ありがとうございます。元司法書士を目指し5年程頑張っていた吉田です。債務整理経験者でもあります^^;詳しいプロフィールはコチラ

 

 

自己破産は借金の帳消しという状況です。支払いの義務がなくなります。色々な制限はありますが今までの借金が帳消しに出来る債務整理の種類です。

 

 

ただし、例外として税金の滞納分は免除されません

 

 

税金の滞納分の支払い義務はそのままとなりますので注意が必要です。自己破産を行っても納税義務はそのままという事です。

 

 

これはどういったことかというと、破産法で決められていて『納税は国民の義務なのでいくら自己破産を行って借金の帳消しをしたところでも納税については免除しません。』という事を意味します。

 

 

自己破産とは?
自己破産は裁判所を利用し、債務者の財産の一部を貸金業者へ配当する代わりに、税金等を除く借金の支払いの義務を免除してもらうという手続きとなります。


自己破産は裁判所から免責の決定を得ることから出来れば、税金等を除く支払い義務が免除されます。自己破産に関しては色々な悪いウワサがありますのでプロにしっかりと相談しましょう。

 

自己破産のメリット
自己破産を申し出て免責許可が決定されると、税金等を除く借金の支払い義務が免除されます。(借金がゼロになります。
手続きを開始されると、債権者は強制執行が出来ません。
=======================
☆自己破産のデメリット
個人信用情報に事故情報が載るため、一定期間(通常7年)借入、ローンが組めません。
土地や建物、持ち家など、一定以上の財産は処分されます。(処分対象のものはシロウト判断で分かりませんのでプロに相談しましょう。)
自己破産の手続き中は、士業、警備員等の一定の職業の資格制限を受けます。
官報に氏名等が掲載されます。

 

 

税金などが数年間滞納している場合もあると思います。

 

 

当サイトでオススメしている『街角法律相談所無料シュミレーター匿名申し込み』では、専門家に無料相談が出来る為、こういった借金の悩みを相談出来る状態です。

 

 

つまり、自己破産をしたいとか、税金を滞納しているけどその支払はどういった風に行えばいいのかなど、借金の質問や疑問を聞くことが可能です。

 

 

今の借金の解決法がそもそも自己破産がベストなのか?コレ自体も分からないという方も多いと思います。最適な借金の返済方法はプロの専門家に相談することが一番です。

 

 

また、当サイトでも書いていますが過払い金なども発生している可能性もあります。その辺りについても専門家に相談して、今自分の借金の状態、今の経済状態、そしてコレからの返済プランなどを見直してみてはいかがでしょうか?