借金の裁判所からの督促や訴状への対応、どういった行動を取る?

裁判所からの督促や訴状が来た場合の対応

こんにちは借金を返さなければいけないにも関わらず、返すあてもなく、家族に知られたくないと言うような事を繰り返し、借金を重ねる方がいいと思います。

 

 

しかし債権者(お金を貸している側)の方も、裁判所を通して督促状などを出してくるようになってきます。私はこの時に無料相談で債務整理を弁護士さんに相談したことから債務整理に取り組むようになりました。

 

 

裁判所の通知を無視した場合、最悪なケースになりますので、絶対に無視を制す早急に相談をしたほうがいいと思います。近所の近場の弁護士ではなく、債務整理に長けている弁護士に無料相談出来る環境も整っていますので、ぜひ利用してみてください

 

 

債権者(お金を貸している側)によって訴訟を起こされたり、督促が届いたり、それでも支払いがない場合は、債務者(借金している側)の財産まで取り押さえられるケースもあります。

 

 

裁判所から連絡が来たと言っても、不安になる事はありません。お金を返さないと何も解決しませんので一つ一つ解決する事が大事です。

 

 

債権者(お金を貸している側)が裁判所を通していきなり連絡をしてきたとしても、すぐに借金を返せというわけではないので、話し合いの場を弁護士等の代理人に立ってもらい、しっかりと設けて話すことが大事です。

 

 

裁判所から訴状や督促状が来た時は、それは放置出来ない状態になっている為、もうその時は逃げることも出来ません。

 

 

裁判所から訴状がきた場合は、裁判所に出廷してくださいという事になると言うことを覚えておいてください。答弁書というのが入っており、相手によって起こされた請求を受けるのか?それとも棄却するのか?という意思をハッキリさせる必要があります。

 

 

相手が申し立てをした事実が本当に正しいのか?それとも間違っているのか?という部分を答弁するという事になります。

 

 

答弁書を裁判所に提出する事で、その期日内に裁判所に出廷して債権者と和解をする事になります。ただ裁判所で債権者(お金を貸している側)と和解をするというのはあくまでも額面通りであり、基本的に素人が債権者(お金を貸している側)と話しても、ただ借金を介していないだけですので、和解に応じることはまずないと言う事を覚えておきます。

 

 

基本的には債権者(お金を貸している側)側は、一括返済を請求しているはずですので、一括で借金を返済する事が出来るのか?それとも分割決済するのか?と言う事を話し合います。

 

 

もちろんこれは、債権者(お金を貸している側)側との交渉になる為、債務整理に長けている弁護士と債権者(お金を貸している側)との交渉をになります。

 

裁判所からの支払い督促について

 

裁判所から、債権者(お金を貸している側)側からの要求を受け、支払いの督促が来たとします。このときに債務整理を頼んでいる弁護士さんがいるのであれば、早急に弁護士さんに対応してもらうことが出来ます。

 

 

しかしもしも弁護士がいない場合であれば、2週間以内に一括で返済する必要があり、それが難しい場合は異議申し立てをする必要があります。

 

 

このことで分割で支払いをする事は出来のか?という事を裁判所を通して債権者(お金を貸している側)へ交渉することが出来るのですが、もちろんを素人が話し合うことは出来ませんので、当然債務整理に長けた弁護士をつけて交渉する事になります。

 

裁判所からの督促や、裁判所からの呼び出し、支払い督促を無視した場合

 

裁判所から通知が来ているにも関わらず、それをずっと無視し続けた場合、債権者(お金を貸している側)側の申し立てを、債務者(借金している側)は受けたとみなされ、一括で返済するようにという判決が出ます。

 

 

一括で返済出来ない場合は、財産や給料の差押を執行される為注意が必要です。支払いが出来ないからという部分は、誰でも最初は怖いと思います。

 

 

しかし裁判所からの命令を無視すると、絶対に悪い方向に行きますし、会社にもバレることになります。裁判所からの通知で財産の差し押さえや給与の差し押さえが正式に決まった場合、会社の方にその通知が行く為借金をしている事がすべてバレます。

 

 

裁判所からの連絡が来ると言うことは、債権者(お金を貸している側)との話し合いが出来るという事ですので、しっかりと話し合いをしてきてください。

 

基本的に、裁判所の命令は絶対です。封筒を見ていませんと言うのも通じません。理由は郵送で送られてくるのですが、受け取りましたというサインを書くかです。

 

 

そこには支払い督促や、色々な訴状が入っていると思いますので、債務整理を頼んでいないのであれば、早急に無料相談などをして弁護さんに相談してください。

 

 

私が無料シミュレーションをしたとき、その弁護士さんはすぐに裁判所からの内容を送ってくださいと言うふうに対応してくれました。

 

 

今では債務整理の弁護士さんに支払う金額も、分割決済をしてくれるところがほとんどです。お金がないから弁護士を雇うことが出来ない、お金がないから任意整理などの債務整理が出来ない…と思っているのであれば、その様な部分もまず無料で相談してみることをお勧めします。

 

  • 裁判所から通知が来た
  • 裁判所から督促状が来た
  • 債務整理をしたいが、今手持ちのお金がない

 

このような部分について、無料相談でどの様に解決するのがベストなのか?という所を聞いてみるといいと思います。

 

私が当サイトで勧めているのは『東京ミネルヴァ法理事務所』ですが、まずは気軽に無料減額診断を匿名で使えるシステムです。



 

  • いきなり弁護士事務所は敷居が高い。
  • 値段の相場が分からないので不安。
  • とりあえず話が聞きたいだけなのだが、契約まで行きそうで怖い。
  • 名前、住所はとりあえず言わないで相談したい。
  • 借金を返済するまでのシュミレーションをしたい。

こういった方はぜひ『東京ミネルヴァ法理事務所』をご利用下さい。


1つの弁護士だけでは不安ですよね?比較対象がない、また、比較しづらい為、出来るだけコスパが良く、なおかつ問題を解決してくれる弁護士さんを選びたいもの。



『東京ミネルヴァ法理事務所』は『実名なし、住所なし、つまり、完全無料の匿名』で無料借金減額シュミレーターを使うことが出来ます。




エリアに関係なく、最適な3社を選出するために全国の相談を受けていますので、しっかりと比較出来ます。シュミレーター利用者には専用のパスとIDが与えられ、マイページで各事務所とのメッセージも含めて最適な事務所を選ぶことが出来ます。